野田市木造住宅耐震診断相談会














耐震診断について  


あなたの家は地震に対する対策をしていますか?

昭和56年以前に建築された家屋は、倒壊の危険性が高いと言われています。

是非、耐震診断をお勧めいたします。

又、以降に建築された家屋についても、壁の配置・バランス等により半壊などに
なる可能性もあると言われています。(昭和56年〜平成12年頃まで)



1、耐震診断とは、どのような事をするのか?

  分類しますと< 屋外・屋内> との2種類に分けられます。

イ、屋外について
@ 敷地内外について地盤の沈下・傾斜・亀裂の有無 道路面の蛇行など
A 地盤の強度・基礎の強度、鉄筋の有無・基礎ベースの幅・厚さなど調査
B 外壁材の種類・壁のヒビ割れ・亀裂・土台の腐れ痛み
C 屋根葺き材の種類・ (割れ・劣化・さび など)  (*軽い程良い)
 

ロ、屋内について
@ 間取りのチェック (壁の種類・耐力壁の有無)種類など
A 内壁の仕上げ及び種類・壁の配置バランス
B 壁筋交いの種類 断面サイズ・天井及び床下より確認
C 床下の状況の確認(土台・柱の腐食・地盤沈下・湿度の具合など)
D 大きな吹抜けの有無・建物形態状況(整形・不整形)
 
*注:現地調査等の場合には、設計図書・確認申請書(副)等を参考にして調査を行い耐震診断書を
作成し補強の方法を判断します。
    
図面等がない場合には、図面作成等の費用が加算される場合がありますので診断士と協議
するようにしてくだい。



●耐震無料相談について(相談会場にて行う場合)

 会場にて相談される場合には、図面・各部分の写真と聴き取りをしながら耐震診断ソフトを使い判定をだしアドバイスをします。

●診断方法の種類
@ 簡易耐震診断法     (資料・聴き取りにて)
A 一般診断法(資料・聴き取り・<又は現地調査有りー有料>)




千葉県建築士会野田支部

 Copyright (C) 2011.chibaken kenchikusikainodasibu.All RightsReserve